Power Mac7200 データサルベージ

APPLE Power Mac 7200のデータ取り出し依頼です。

状況は
・現在 MAC OS 8を使用
・OS 起動せず(ハードディスクもやや不安定)。
・ミニキャド(現ベクターワークス)のファイルを取り出したい。
・取り出したデータをWindows上のベクターワークスで開きたい。
・ZIP(SCSI)のデータもWindowsで開きたい。
・ハードディスクはSCSI

ちょっと手間のかかりそうな予感(^_^;)
ハードディスクは往年のQuantum Fireball TM21S023

案1 PowerMac7200に別のSCSIハードディスクを接続→OSインストールしてデータ取り出し
・データは読めてもWindowsへの受け渡しが困難(外付けSCSIハードディスクが欲しい) → 却下

案2 Windows機にSCSIボードを挿し、直接ハードディスクデータを吸い出す
・SCSIボードが必要。MACのファイル形式を直接読み出すソフトが必要。吸出しに時間がかかる → 却下

案3 別途PowerMac8600 OS9.2 + 追加USBボードのマシンにハードディスク接続しUSBメモリへ吸出し
・SCSI端子の形状が異なるがケーブルで何とかなる?

PowerMacG4は内部がIDE化されており今回は出番無し(^_^;)

問題が少なそうな案3に沿ってデータ吸出しを始めたのですが、久々のSCSIでちょっと戸惑いが。

SCSI IDのことをすっかり忘れてまして、接続しただけではMAC OS9.2から認識されず。

ジャンパ 左から4/2/1/ターミネータ になってます(IDは0~7。初期値はID 0でターミネータにジャンパが刺さってます。ID 0では起動用ハードディスクとバッティングするためIDをずらします)。

ジャンパが小さく他から流用できなかったので、ターミネータに刺さっていたジャンパをはずして2番に挿すとすんなり認識されました。

後はハードディスクの内容を片っ端から4GB USBメモリに放り込みます。USBメモリの方がハードディスク容量より大きいんですね~。時代を感じます。

データフルコピーは約1時間で終わり、ついでZIPディスク(1枚100MB)データをUSBメモリにコピーして終了。

その後WindowsXP機にUSBメモリを挿し、データ確認(ベクターワークスにて)。

古いアプリケーション + MACデータを最新アプリケーション(名前も違う) + Windows機でも問題なく開けました。

ベクターワークス、たいしたものですね。

弊社では県外からの作業も受付いたします。

お問い合わせはこちらから

You may also like...